drakiti63の日記

私の人となり

今日は、繁華街でバザー

今日は

名古屋の金山という

新宿ほどではありませんが

繁華街で

バザーのお手伝いをしてきました

日頃

施設のメンバーさんたちが

手工芸の時間に

作った

作品を通りすがりの方々に

販売しました

革細工やビーズに刺し子

ミサンガ、ネックレス、ヘアピン

キーホルダー、コースターなどなど

ひと品、50円から400円くらいで

売りました

売り上げは

再び、バザーで売る品物を

こしらえる材料費になります

当初は

私の作った

なぞかけ集を

販売する予定でしたが

来年、本格的な製本として

売りに出すことが

突然決まり

私の作品は

昨年

看護師のIさんに

教えていただいた

組み紐のミサンガだけでした

そして

このバザーに参加した

最大の目的は

1000円ランチが

病院負担で

食べられることです

これが食べかけの今日のランチです

f:id:drakiti63:20180907112112j:plain

野口五郎の大ファンである

TeruTeruという愛称の老婦人と

二人で食べました

ここでアメリカンジョー

TeruTeruさんが五郎さんに

電話をして言いました

五郎さん、五郎さん

今、あなたのことを考えていたのよ

五郎さんが言いました

偶然の一致だなあ

僕も、今

僕のことを考えていたよ

ここで

本題から脱線したのを

軌道修正して

バザーについて

書きます

売れない時間帯はあるものの

流れがあって

売れる時には

次々にというふうです

他の病院から

来られているスタッフさんにも

買ってもらったので

私もお礼を兼ねて

わずかではありましたが

その方のお店で

布巾を買いました

去年は

テンションが滅茶苦茶高くて

疲れを知りませんでしたが

今日は

とても疲れました

でも、売れると

嬉しくて

やりがいのある仕事でもあります

閉店まじかになって

半額セールということもあり

とても忙しかったです

買いに来られる

お客さんを待つ立場から

買いに来られた

お客さんに

待っていただく立場に

なったからです

贅沢な悩みです

さて、来年のバザーで

私のなぞかけ集は

果たして

売れるのでしょうか

期待と不安の交差する

心境です

それでは