drakiti63の日記

私の人となり

謝れば、何でも許される日本の信心

今日

帰りの地下鉄を

下車する時に

あったことです

年齢は

私と同じくらいの

男性が

なんの理由か

見当もつかない事ですが

殺すぞと

脅迫されました

事の発端は

私が列車から

降りようとした時

その人が

私の体を

片腕で払いのけ

何気なしに

そのまま

後をついていったことでした

なんか文句あるのか

謝れ

殺すぞ

完全な逆恨みです

でも

謝ったら

それでも

不服そうな様子で

大分、遠ざかった後でも

遠くから威嚇してましたが

それっきりでした

謝れば許される

これは日本の常識で

世界の非常識です

一度謝れば

その時こそ

焼くなり

煮るなり

殺されても構いません

というのが

世界の常識です

私は

日本式の信心とは

正反対なのですが

今日のところは

相手が日本人であることや

こんなツマラナイ相手に

刺し違えたところで

プライドは

保てるけれど

たとえ、喧嘩になって

勝っても負けても

痛い思いをするのは

同じだし

傷害罪に問われても

つまらないので

結局は

日本人の信心を

利用して

平身低頭で

謝って

事なきを得ました

まあ

なんで、あんなに

怒っていたのか

分かりませんが

殺気を覚えるほどの

威嚇ではなかったので

自分でも

なんで謝ってるんだろう

と思いつつも

やはり

謝って

ことを収めたのは

正解でした

大学の学生運動

極左暴力集団

テロされそうになったのに

比べれば

かわいいものです

今回の件

でも

精神的にも健康で

若かったあの日の自分に

比べれば

腕力の面で

明らかに

衰えが生じている

今日

暴力沙汰にならずにすんだのは

神様のお陰でしょう

以下、スターリンジョークから引用

神様

ありがたやありがたやと

祈っていました

すると

誰かが

言いました

今は

安倍晋三の天下だから

神様

ありがたやありがたやと

祈ってはいけません

安倍晋三

ありがたやありがたやと

祈らなくては

じゃあ

安倍晋三様が

他界されたら

どう祈ればいいのですか

そう

その時こそ

神様

ありがたやありがたやと

祈ればいいのです