drakiti63の日記

私の人となり

今日、ショックな出来事3つ

1つ目に

ショックだったのは

昨晩の豪雨の所為で

洗濯物を

入れておいた

洗濯機に

雨水がたまって

1度、洗剤を入れて

洗濯してみたものの

異臭がして

今、2度目の洗濯中

2つ目に

ショックだったのは

施設の年配の看護師Uさんが

今月限りで

退職されることが

朝礼の時間に

発表されたことです

Uさんには

心の病のことはもとより

血圧のこと

便秘のことなど

プライマリーに

相談にのって下さったことです

病気のことのみならず

人生の問題についても

貴重なお話をしていただきました

私のくだらない冗談にも

付き合ってもらいました

暑いさなか

他の利用者さんも含めて

畑仕事で

汗を流したのも

昨日のことのようです

私が冗談を言って

からかうので

一度

仕返しされたこともありました

それは

夕食登板の時

Uさんの隣に座っていたので

美人さんの隣に座ると

緊張するなぁといったら

20代のホントの美人さんを

私の隣に座らせて

緊張するでしょう

なんてことされました

確かに嬉しかったけれど

恥ずかしい思いのほうが

ずっと大きかったです

最近、ご無沙汰なのですが

元気にしてるでしょうか

そして

3つ目にショックだったのは

モデルさんのように

スレンダーな臨床心理士のU先生が

フロイト派であったことです

何故

解ったかというと

Sさんという利用者さんが

日本の代表的なユング派の心理学者である

河合隼雄先生の本を

U先生にみせたら

私、ユング派じゃないの

って否定して

自らフロイト派であることを

カミングアウトされたからです

フロイトユング

師匠と弟子の関係で

ユングが師匠のフロイト

その権威主義的な考え方に

反旗を翻し

俗な言い方をすれば

喧嘩別れみたいになってしまったのです

そんなこの二人の

私にとっての

最も注目する点は

フロイト

無神論唯物論者で

ユング

有神論的科学者であることです

かつては

フロイト派がメジャーだったのですが

最近は

フロイトユングにかかわらず

他の心理学派も出てきているようです

U先生、御歳がばれますよ

なんていったら

へそ曲げられそうで

言わないでおくことにしますが

病気を抱えながらも

人間としてのリカバリーを

目指す施設のプログラムで

U先生は信仰も大切だと

仰ってたので

まんざら

宗教はアヘンだなどと

言い張った

マルクスのような

狂人でもなさそうです

でも狂人ファンじゃなくて

巨人ファンなのは

玉にきず

そろそろ

洗濯が終わった頃なので

今から干しに

行きます

ここで

ひとつだけ

どうでもいいこと

今から干しに行きますと

打って変換したら

案の定

星に行きますと

なりました