drakiti63の日記

私の人となり

父の長所と短所

今週のお題「おとうさん」

本題に入る前に

今日の出来事を

一つ

今日は

名古屋の国際会議場というところで

精神医療に従事しておられる方々を

対象にしたイベントがありました

そこで

施設の有志が集まって

バザーをしました

その帰りの電車での

出来事でした

切符をズボンのポケットに

入れておいたのですが

スマホをそこにしまう拍子に

落としてしまいました

私は全く気付いていませんでした

そしたら

私の横に座ろうとした

中年の女性が

教えてくださいました

初めは

もっと綺麗な女性に

座って欲しかったなと

思いましたが

電車を降りる時に

彼女に

「どうもありがとうございました」と

お礼を言ったら

とても爽やかな笑顔で

答えてくださって

その笑顔こそ

本当の女性の美しさだなと

感じたことです

そして

本題の前に

もう一つだけ

私の病気のことです

以前

薬の服用を

主治医とも相談せずに

勝手に止めてしまったことがありました

最初は辛かったのですが

一つの峠を越えたら

健常者のようになりました

私はそれを

韓国で特別なお祈りをしていただいたからだと

思っていましたが

実はそうでもなかったようです

施設長さんが

薬をやめれば

確かに一時的に

病気が治ったかのようになると

仰いました

なるほど

私だけが信仰の力によって

よくなって

不信仰の故に

病気が再発したのではないことを

知りました

さて

ここからが

今日の本題

私の父についてです

私の父は

繊維業界のプロです

例えば

ミシン職人を採用する時

ミシンに座らせて

その姿勢を見るだけで

玄人か素人か

見分けがつくようです

自分自身で俺を知らない愛知の繊維業者は

もぐりだと言い放ちます

繊維業のみならず

博学で

とにかく

いろいろなことを知っています

例えば

株のこと

どこで学んだのか知りませんが

とにかく詳しいのです

また

手先がとても器用で

料理から家のリホームまで

全部一人でやってしまいます

私が小学生の頃は

プラモデルを完璧に作ってもらったことと

凧上げをやってもらったことが

特に記憶に残っています

凧上げってコツを知らないと

凧糸を引っ張って

走ってあげるのでは

無理なこと

知る人ぞ知るでしょう

でも

お金持ちの従弟は

ゲイラカイトという

だれでもあげられる

凧を持っていたので

羨ましかったです

それから

私の父は

釣りバカで

定年以降は

祖母が亡くなってからは

毎日のように

ヘラブナ釣りに明け暮れていました

勿論

キャッチアンドリリースです

私と言えば

どうして

父の長所が遺伝しなかったのか

不器用で

例えば

釣りにしても

釣り針に餌をつけたり

せっかく釣り上げた

獲物から針をとることが

上手くできないのです

父から受け継いだ長所は

数学好きなことです

父も私も

若いころから

数学の研究者を

志していたのですが

紆余曲折があって

その道を断念しています

父の場合は

旧制中学(今の高校)の当時

別に勉強しなくても

数学の問題がスラスラと

解けたようで

勉強嫌いが災いして

大学で

数学の勉強をしなかったから

挫折したのだと思います

私の場合は

授業を聞いても

頭が悪いので

自分自身で

解りやすい参考書で

勉強して

なんとか人並み以上には

出来るようになりました

しかし

大学で習う

数学だけは

どんなに頭のいい人でも

勉強しないと

理解できないでしょう

ε‐δ論法という関数の連続性を

定義するお話が

大学数学の最初の登竜門です

まあ

数学オタクしか関心のないことなので

ここはさらりとスルーしてください

次によかったことは

父も私も

熱狂的なドラゴンズファンです

小学校の頃

父と二人で

イカーのラジオに毎晩

釘付けになっていました

父の職場のお得意さんから

頂いた特別指定席で

ナイターを観戦しに行ったことは

今でも忘れられません

初回に矢沢選手の3ランホームランを

稲葉投手が完封で

ドラゴンズの勝ちゲームでした

そんな父との思い出も

晩年

本人が

何を思ってか

カミングアウトした事実に

尊敬していた父への思いが

一気に吹き飛んでしまいました

そのことも

書こうかと思いましたが

やめることにしました

ただひとつだけ

気になっていたことを

書きます

それは

差別意識です

学歴で人を評価したり

人種や肌の色でも

平気で人を差別します

それだけは止めて欲しかったです

自分だって

本格的に学んだ人には

将棋で勝てないくせに

初心者を馬鹿にしたことをいいます

でも

何故かしら

格下の相手を苛める

将棋を指すのは

実に巧みで

私が小学生の時

クラスで私を負かすのは

誰もいなかったにもかかわらず

父と将棋を指すと

角と飛車二枚落ちで戦っても

手も足も出ませんでした

それから

私の父と言えば

卓球も熟練者だったようです

若いころには

実業団に入って

シード権を得て

大会に出場していたそうです

しかし

そんな父の姿は

名古屋市から遥か彼方の僻地にある

病院で認知症の寝たきりで

一度も目にすることはできません

今月は愛知県希望会の卓球大会があります

残念ながら

個人的な事情があって

見学にも行けません

行こうと思えば行けるのですが

本当に遺憾ながら

大会にいけない事情があるのです

さてさて

今日はまた

長々と最後まで

お付き合いしてくださいまして

有り難うございました