drakiti63の日記

私の人となり

美味しい肉じゃがを作りましょう

今週のお題「得意料理」

先週、書き忘れた

なごやン流の肉じゃがレシピを

紹介したいと思います

私が肉じゃがだけではなく

金平や親子丼などを

作る時にも使っている

味付けが簡単便利な

エバラすき焼きのたれという

強い味方があります

肉じゃがの場合は

水:たれが

3:1

金平の場合が

1:1

親子丼の場合が

2:1です

さて

肉じゃがの作り方(4人分)ですが

具材が以下の通りです

牛肉(豚肉でも可、しかし、牛がおすすめ)200g前後

ジャガイモ・・・・・・・・・・・・・・・中4個

人参・・・・・・・・・・・・・・・・・・中1本

玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・大1個

しらたき(糸こんにゃくでも可)・・・・・1袋

グリーンピース・・・・・・・・・・・・・缶詰小1個

ジャガイモを水洗いして

皮むきをする

ゴミ入れの上で

この作業をすると

後片付けが楽になります

一辺が2cmぐらいになるよう

気持ち大きめに切るといいでしょう

ボールに水をいれて切ったジャガイモを

浸しておきます

なんといってもジャガイモが

主人公なのですから

人参はジャガイモ同様にして

違うのは乱切りにすることだけです

ジャガイモと一緒に水に浸しておきますが

ジャガイモとよく混ぜておくといいでしょう

玉ねぎは縦半分に切り

皮をむいて

1cm幅に切ります

しらたきはザルで水分を切り

よく水洗いをして

はさみで適当な長さに切ります

適当なとはあなたの独断で

好みの長さにということです

以上が下準備です

バターもしくはマーガリン(サラダ油でも可)を

厚手の鍋(なければ、フライパン)に

溶かして

まんべんなく油を広げます

肉と玉ねぎを炒めます

玉ねぎがしんなりとしてきたら

ジャガイモと人参の水をざるでよく切って

しらたきとともに

肉玉ねぎに加えます

シャモジでまんべんなく混ぜて

いったん火を止めます

フライパンを使う場合は

この段階で具材を

鍋に移します

ここでいよいよ

味付けの始まりです

コップ1杯(180~200cc)の分量の

エバラすき焼きのたれをいれます

私は性格上

少しでもたれを惜しみなく使いたいので

最初にたれを入れます

残りの水3杯でコップに

ついた、たれまで使ってしまおうという寸法です

鍋に具材とたれと水がよく混ざったら

鍋に火をつけて

鍋を燃やします

なんてことはせずに

具材を温めます

最初は強火でサシスセソ(サ行=作業)を行います

鍋にはふたをしてください

沸騰してきたら

かろうじて沸騰する状態にまで

加熱の火を弱めます

ここで、アルミホイルを落としぶたとして

かぶせます

後は、出来上がりを楽しみにしながら

15~20分くらい

ひたすら、ジャガイモに火が通るのを

待つばかりです

基本は、菜箸が

すっとジャガイモに突き刺さるまでが

おおよその目安です

煮込み過ぎると

ジャガイモの形が崩れて

見栄えが悪くなるので注意してください

最後は、グリーンピースをザルで水洗いしたのをいれます

時間的に余裕があれば

ジャガイモに味を染みとおらせる為に

一旦、料理の温度を冷まします

食べる頃合を見計らって

再度、加熱させて食べるのが

理想です

ところで、エバラすき焼きのたれなど

使いたくはないわという方へ

砂糖、醤油、みりん、お酒を

各大さじ3杯と水600ccで対応できると思います

ほんだしを少々加えるといいかもしれません

ジャガイモ料理はアサリのお味噌汁とか酒蒸しを

一緒に食べると鉄分をより効果的に

摂取できるので、アサリ料理が肉じゃがの添えものとして

お勧めです