drakiti63の日記

私の人となり

カバンは、持たない主義

今週のお題「カバンの中身」

私は

ここ10年以上

カバンは

持たない主義です

先日も

友達に

カバンを持っていないことを

揶揄されたばかりです

先日の家内との

一泊旅行のときも

手ぶらでした

何故、持たないか

それは、即ち

面倒臭い

煩わしい

貴重品を入れたままで

どこかに

忘れてきそうで

不安だからです

そう言われてみると

皆さん、必ず、何某かの

カバンを持ち歩いていますね

万が一にも

私がカバンを

持ち歩くとしたら

中身は

折りたたみ傘と

タオルと

スポーツ飲料の入った

ペットボトルでしょう

でも、まず、ありえない話です

ところで

カバンにまつわる話

今から

17年前

そう、20世紀最後の年

2000年11月

私は

韓国の知人家庭に

3週間

家政婦ならぬ家政夫しに

行きました

日本人奥様の都合により

小学校1年生のお兄(ドユン)ちゃんと

年長組みの妹(チョンヒ)ちゃんの面倒を

みる事

炊事・洗濯・掃除

不足ながらにも

一通りやりました

子どもたちが

一番喜んでくれたのは

蟹チゲを作ってあげたことです

で、話がそれましたが

何故、カバンかといいますと

平日は

毎日のように

買い物に出かけて

色んなものを沢山買いました

韓国将棋、碁石、碁盤

韓国歴史の漫画本

日本に残してきた

私の息子たちへの

お土産

サッカーボール

花札(韓国では、日本の麻雀に当たるほどの人気ゲーム)

キムチ、韓国のスプーンとお箸

その他色々(←忘れちゃいました)

行きは、名古屋空港からJALで博多

博多からフェリーで釜山まで

帰りは、釜山から下関までフェリー

下関からは、JRの鈍行で名古屋まで

家についたころには

荷物の多さで

カバンが壊れて

一部の荷物が台無しに

韓国生活にどっぷりつかったせいで

気性が激しくなり

帰りの電車やバスの中で

マナーの悪いお客に対して

怒鳴り散らしてました

私のほうがマナーが悪かったかも

これは韓国の所為ではありません

韓国生活が続いたので

私のテンションが上がっていた所為でしょう

カバンとかけて

後退ととく

その心は

日本語では、バックといえば通じるでしょう