drakiti63の日記

私の人となり

東大卒業奮闘記

東大生というと

皆さんは

どのような姿を

イメージするであろうか

頭が良くて

何でも知っている

優秀な人物と

言ったところでしょうか

もし、あなたが

そう思っているのならば

とんでもない

勘違いです

確かに

医学部医学科に在籍する

学生はそうかもしれません

しかし

それ以外では

ヒエラルキーが存在していて

ほんの一握りの最上階にいるのは

先に述べた医学部医学科を含めた

スーパー東大生

東大の教授をもしのぐ

超エリート

その下の階層が

所謂、世間様が思っているような

何でも知ってそうな東大生

その下の階層が

普通の東大生で

再度受験しても

東大に合格できる東大生

因みに、専門課程で

理学部や工学部に

進学する理科一類の入試は

5割弱の点数をとれば

ほぼ間違いなく合格です

時々、満点をとらないと

合格できないんじゃないかと

思ってらっしゃる方も

少なからず

いらっしゃると思いますが

これも、甚だしい誤解です

さて

このヒエラルキーの最下層にいる

東大生とは

予備校で受験のノウハウだけを

身につけてきたようなやからで

当然、勉強などせずに

麻雀とナンパと飲み会のことばかりを

目的にしている

東大の面汚しの連中です

そういう私も

さほど、デキの悪い

東大生ではありませんでしたが

信仰の道に来るまでは

全うな東大生という自負はありました

しかし、上記の理由で

学業放棄で

教養課程

通常2年のところを

6年かかって専門課程に

何とか進学できました

土木工学部でしたが

試験は簡単

誰でも合格点の取れる

チョロイモノでした

あんなのちょっとで気のいい中学生だったら

お茶の子さいさいで

パスできるほどのものだったんです

ところが

私、様々な事情から

大学8年の時

統合失調症をわずらい

自力では

卒業論文

書けない状態になってしまいました

通学も病院からでした

ところが

不幸中の幸い

研究室の助手さんが

(今は、岐阜大学で教授をなさってます)

私の代わりに全部

実験から論文まで全てやってくださいました

ところが

たった一つの試練がありました

卒論発表会です

名だたる教授・助教授が集まる

その場で

どんな研究かを具体的に

発表しながら

最後に教授陣から

質疑応答を浴びせられるという

セレモニーです

助手に書いてもらった

論文がただでさえ

ろくに勉強もせずに

試験をパスしてきたから

内容がちんぷんかんぷんで

お話になりません

それで、助手さんが

論文の要約文を作ってくださり

それをわけも分からないものの

暗記して

何とか

この試練をパスすることが出来ました

発表会場の入り口のところまで

助手様が心配されて

駆けつけてくださり

無事にすむことが出来ました

有り難うございました

よく頑張ったと

熱い抱擁を交わしました

ところで

その当日まで

3日3晩

点滴打ってもらえなくても一睡も出来ず

緊張とプレッシャーと心配など

マイナスな気分でいっぱいでした

東大卒と東大中退じゃ

響きが違いますもんね

ただし、これは

出来ることなら隠しておきたい

事実でもあります

そんなありさまで

卒業したなんて

もぐりもいいとこですから

まあ、今回の話は

大事な友達の要望があったので

あえて書きましたが

あまり、人聞きのいい話ではありませんので

ここら辺でお開き