drakiti63の日記

私の人となり

入院生活パート3・行列の出来る病棟

今回は

3度目の入退院に

まつわる出来事を

話します

私は

1997年までは

大変、真面目な

統一教会の信者でした

ところが

神様を裏切った為

即ち

恩を仇でして

とんでもないことになりました

それが

以下の通りです

1997年に

韓国の総本山にいって

お祈りをしてもらったら

最初は

しんどかったのですが

お祈りを受けた後は

一切、薬を飲まなくなりました

1週間、2週間

時を過ぎるごとに

病気の症状が

出てこないようになり

遂には

健常者同様になり

読書家にもなりまして

頭が啓発されました

遂には

現役で大学を合格した

そのピークの時点よりも

遥かに

勉強が出来るようになっていました

それで、家庭教師の仕事も

何のプレッシャーも感じることなく

むしろ、面白、楽しく

こなすことが出来ました

ところが

いい事は長続きしないもので

お祈りをしていただいた時の

戒めを破り

体たらくな生活を

送るようになりました

その上、自信過剰が度を越して

傲慢不遜になって

遂には

病気が再発してしまいました

そうするともう

みるみるうちに

崖から転げ落ちるようにして

症状が悪化して

挙句の果てには

再入院ということになりました

これが

3度目の入院に至った

あらましです

入院生活は実に退屈で

何が苦痛かといえば

長蛇の行列を

一日に

何回も何回も

並ばなければならなかったことです

1日3度の食事の度

食後の薬と寝る前の薬の配布の度

最低、計7回は

ならばなくてはなりませんでした

待つのが苦手な私には

ストレスで、ストレスで

到底我慢が出来ませんでした

それで

病状がよくなってもいないにもかかわらず

自ら志願して

1ヶ月もしないうちに

退院してしまいました

ここで

なぞかけ

松竹梅とかけて

行列の出来るラーメン屋さんととく

その心は

まつたけうめ~でしょう

でも、これは

私は苦手

あてはまるのは

大学病院での診察とかけて

行列の出来るラーメン屋さんととく

その心は

待たせるだけ待たせて

本番はあっという間でしょう

これは、私のようなせっかちな人

でも、皆さんの中には

その心は

本番に期待を寄せながら

とことん待つでしょう

って方もおられるでしょう

それでは

本日は

この辺で

お開き


Olivia Newton John Don't Stop Believin'