読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

drakiti63の日記

私の人となり

惚れ性な私 Part3

今日は

恋愛対象の大本命である

私の家内について

話します

内に厳しく

外に優しい

言い換えれば

内弁慶で

外面のいい性格です

看護師だけあって

根がしっかりしていて

負けず嫌いで

清廉潔白

しかし、毒舌なのが

玉に瑕

でも、最近は

息子たちが

巣立っていったので

ゆとりが出来た所為か

時々、優しい女性を

演じてくれます

しかし

調子に乗って

何時のことだったか

母さん(家内)は

父さん(私)のこと好きだろうと

言ったら

怒ったのなんのって

すごい剣幕でした

離婚だ、早く死になさい

電車はダメよ

樹海に入りなさい

持っている睡眠薬、全部飲んだら

名古屋港に飛び込みなさい

等々

実に冷たいというか

刺々しいというか

毒のある言葉で

暴力を振るってきます

でも、かつて

その当時は

ドメスティックバイオレンスという

言葉がなかった頃

彼女に物理的な暴力を

振るっていました

実際

牧師様のご夫人に

殺されそうだと

怯えて相談にのってもらっていたそうです

今では、完全に

主導権を握られて

口答えさえさせてもらえませんが

しかしながら

最近は

ドライブしたり

彼女のお気に入りの

喫茶店で

お茶したり

二人で映画を見に行ったり

夜遅くまで

おしゃべりをしたり

旅行に行ったりで

ひどいことを言う割には

まんざら、仲の悪い夫婦では

ありません

私よりも4歳、お姉さんですが

遥かに私のほうが

老けて見えます

何時だったか

私は夢の中で

彼女が別の男性と

恋人同士のように

仲良くしているので

とても、淋しい気持ちがしたのですが

ふと、私の存在に気付いた

彼女は

私のもとに帰って来るのをみて

胸がキュンとしたことがあります

仕事が忙しくて

家の事を顧みないので

私が

母さんは、仕事と

結婚したんだねって

言ったら

ええ、そうよと

でも、今は

人事になって

とても人間関係が

複雑な部署に

異動となって

よく、その愚痴を聞かされます

次男さえ

社会人になってくれたら

もっと、私たち夫婦は

仲睦ましくなれそうです