drakiti63の日記

私の人となり

贖罪の為

今週のお題「結婚を決めた理由」

私は、統一教会の信者であったため


教祖である故文鮮明師の教理に基づいて


人類始祖の堕落によって生じた


原罪は、教祖様の組み合わせた


カップルが結婚をすることによって


贖罪されると信じて


結婚を決めました


旧約(聖書)時代は

割礼によって

選民とされ

新約時代は

洗礼によって

選民とされ

現代は

成約時代で

婚礼、即ち、結婚によって

選民とされるという話です


統一教会では、教会で行う結婚のことを

祝福といいます

そして、祝福によって生まれた家庭を


祝福家庭といいます


しかしながら、現在になって初めて

祝福の深い意義を知らされるようになり


困惑しています

義人聖人になってなければならないのが


本来、祝福に値する条件


そんな教会員

世界で一握りしかいません


そんな教会員でも


反旗を翻して


統一教会になるのだから


私のようなものが


本来、統一教会に対して

ああだこうだ意見できる立場では

ないのです


私は、韓国を心から愛しています


でも、残念ながら、その韓国について


述べなければならないことがあります


現在も世界中で不幸な出来事

戦争、テロ、災害、病気、事故、凶悪な犯罪などなどが


勃発しているのは、


韓国の金百文牧師の責任によるところが大きいのです


第2次世界大戦末期、


アメリカ軍のリーダーだった、マッカーサー

クリスチャンだったので

上記の韓国牧師がチャーチルと一つとなって


文鮮明師をキリストの再来として受け入れていたならば


本来、真っ先に、上述した祝福を


受けるために準備されていた

敬虔なクリスチャンたちが


祝福家庭となるはずでした


そして、短期間の間に


世界平和が実現することになっていたのが


神様の人類救済の摂理だったのです


韓国の責任は実に大きかったのです



それ故、戦勝国側でありながら



未だに分断国家なのです


まあ、この話を信ずるか否かは


読者の方々に一任することにします