読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

drakiti63の日記

私の人となり

日本の戦争とコリアン世界の旅

今週のお題「読書の夏」

読書は、昔ながら

苦手分野だが

もう何年の歳月が過ぎたことだろうか

私がお勧めする書物は

田原総一郎氏が執筆された

「日本の戦争」と言う本である

日本の戦争―なぜ、戦いに踏み切ったか?

日本の戦争―なぜ、戦いに踏み切ったか?

今週の土曜日

70周年を迎える

日本が戦争をやめた日である

一般的には

終戦記念日と呼ばれているが

日本の戦争はまだ終わっていない

という主張を唱える人々もいる

その理由に

戦争責任を負うべき人が

まだ、自分の罪を隠している

それも、有名な人物だと言う

私もこの意見には

興味を持っているが

私なりの

戦争が終わっていない

とする理由がある

それは在日韓国人朝鮮人の問題である

彼らこそ、日帝が残した

最大の産物の一つである

この問題を分かりやすく

解説してある本が

野村進氏が著作した

「コリアン世界の旅」である

コリアン世界の旅 (講談社文庫)

コリアン世界の旅 (講談社文庫)

上の二つの書物に

記載されてあることは

学校では教えてくれない

事実である

今回は、記事を書くつもりは

一切なかったが

ina様の助言で

何かを書かなくては思い

更新しました

最近、すごく、戦争のことが

気になっていて

以上の様な記事になりました

この2つの本は

過去ログでも

何度か紹介しておりましたが

敢えて再び取り上げました