drakiti63の日記

私の人となり

ナイショのポエム

誰にも知られないように、歩いては、泣いたね

 過ぎ去った日々が、胸に積もり 全く何もない空の下で

 火を灯して行けば、昔の恋人の その名を愛しんで、呼んで見るよ

 冷たい風が、吹いてきて、襟を正すと

 後悔が、また、憤りが溢れた 涙を流すよ

 誰に尋ねられても、疼くようなことのない

 過ぎ去りし、私の姿は全てが偽りだったのだろう

 今からは、恋しいことは、恋しいままに 私の心に 置いておくんだ

 昔の恋人が、思い浮かべば、思い浮かんだままに ほったらかしにしておくように

 白い雪が舞い散れば 野原を歩いて

 昔の恋人のことを思い出して、その道を尋ねていくよ

 光華門の街が、白い雪に覆われて行き

 白い雪空高く、しばし、登り行くよ

 恋というのは、うんざりする時があるね 私の心に、

 孤独が、あまりにも流れ溢れて

 雪解けの春の日に 青い葉っぱの上に

 昔の恋人のその姿が、永遠の中にあるんだね

옛사랑 아이유 2010.12.03 - YouTube