drakiti63の日記

私の人となり

当時ばれたらとてもやばいことになっていました

今週のお題「ナイショにしていたこと」
 それは、高校3年生の時の出来事ですた。財閥の御曹司が、物理が単位を落としそうなので、代わりにテスト受けてくれないかと頼まれ、一つ返事で承諾した私は彼の代わりに物理の期末試験を代理で受けました。試験を時々サボっていた私ですから別に怪しまれもせずにミッションをコンプリートさせました。
 ただ、手を抜いたはずが90点をオーバーしてしまい、ばれるじゃないかと怒っていました。担任の先生からも「おう、今回は頑張ったじゃないか」と言葉をかけられて返事に困ったみたいでした。金銭的代償を得ていないので、自家用車じゃなかった、まぁいっかー(mycar)ってところですか。それが神様におぼえられたのか、100倍返しで、大学卒業時にかえって来ました。それは、さすがに言えないほどのものなので、皆さんの想像にお任せします。