drakiti63の日記

私の人となり

数学の難問題に挑戦してみましょう

特別お題「芸術の秋」ブリヂストン美術館「カイユボット展」キャンペーン!>
http://htn.to/ceAmRp
私にとっての芸術は、ズバリ数学でしょう。すべてのことが、数学に関係しています。
例えば、3つ例を挙げてみまっす。
第1は、ギャンブルです。確率論が関わっています。でも、ギャンブルで稼ぎたいから確率論を勉強しようというのは、ナンセンス。確率論を理解したならば、ギャンブルはバカバカしくてやってられないことになるからです。
第2は、国語の俳句。短歌でも、400字以内の感想文でもいいです。濁音を含めたせいぜい60字くらいのひらがなの組み合わせを「あああああ、あああああああ、あああああ」から初めて順番に一文字づつ、変えていけば、いずれかは、名俳句に辿り着けるはず。でも、実はこれもあくまでも観念的な話で、実際には、最先端のコンピュータで、見つけようとしても、何百億年とかかるからです。
第3は、音楽の音符が並んだもの。横が時間、縦が音程の高さを示した、一種の関数グラフと解釈できます。
でも、そんなことが理由で数学好きになったのでありません。難問題をいかにシンプルにかつエレガントに解き明かされるかが、数学の真骨頂。しかし、数学の道に進んでいたら、今頃、ホームレスになっていたかもしれません。信仰の道で巡りあった最愛の妻のお陰で今の私があります。実技が不得手で、家事は向いてません。でも、去年までは、義務感的に洗濯、買い物、炊事、皿洗いをやっていました。特に料理は一生懸命にやっても、あまり評判が良くなかったです。観念論的にはまるで程遠い次元の作業でした。
www.youtube.com