drakiti63の日記

私の人となり

私のお父さんは、マルチ人間

 私の父は、西暦1929年、昭和4年、3月18日生まれです。もう少し、太平洋戦争が続いていたら、神風特攻隊に出陣し、私は、今頃、この世には存在しないところでした。繊維業の職人で、会社にミシンを使える人を雇う時、ミシンの前に座る姿で、玄人か素人か直ぐに分かってしまうくらいの、その業界での達人でした。大学は、立命館大学の数学科を惜しいことに1年余りで中退してます。しかし、気位が高く、博学で、語学以外は何でも知っていて、この世の人間の半分以上がバカだというほどです。繊維関係でなく、マルチタイプの人間で、家のリフォーム、料理、魚釣り、囲碁将棋、麻雀、花札等々、何でもやってのけます。特に卓球は、今年、84歳ですが、現役の中学生卓球選手を相手に互角以上の実力を持っています。
 また、親分肌で、老人会の会長を何年にも亘って引き受けたので、県知事に昨年表彰もされました。
 そんな私の父の遺伝を受けたのは、数学が好きなことと、プライドが高いことです。それ以外は、私の父のマルチ的な遺伝がなく、私は、手先が不器用で、卓球もへたくそ。魚釣りも、竿に釣り針を付けたり、針に餌を付けたり、そういうことが全部、不器用で上手くいきません。魚を釣り上げても、魚を釣り針から外すことも上手くできません。私が料理を作っても、大抵は、家族の評判が悪いです。
 それから、私の父は徹底的に倹約をするタイプで、浪費家の私とは大違いです。未だに、私は、父の脛をかじっています。それから、血圧が高いのとコレステロール値が高い事以外は、いたって健康で、一人暮らしをしています。私が病気になり子供を持って、初めて、父の偉大さが胸にしみています。
お父さんの椅子

아버지의 의자 - 정수라 (1985年) - YouTube