drakiti63の日記

私の人となり

梅雨にちなんだ、なぞかけ

日照り続きの農村とかけて、金槌の人の海水浴ととく、その心は、雨季は(浮き輪)ないと困るでしょう

そばやうどんとかけて、日本の初夏ととく、その心は、梅雨(液)がつきものでしょう