drakiti63の日記

私の人となり

肉じゃがコロッケ

今週のお題「得意料理」

私は、食べるのも好きですが

作るのも大好きです

明日は

施設での調理実習なのですが

親友と営業をするため

参加できません

ところで

私の得意料理は

本当に気の向いた時にしか

作らない肉じゃがコロッケと

時々、作っていた(家族がいたときは)

肉じゃがのレシピを紹介します

まず、肉じゃがコロッケ

材料(4人分)

ジャガイモ(メークイーンがおすすめ)大4~5個

玉ねぎ大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個

挽き肉(牛肉がおすすめ)・・・・・・・・・・・・200g

コーン(お好みに応じて)・・・・・・・・・・・・・缶詰小1個

卵大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個

小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

パン粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1杯

マーガリン(バターがおすすめ)・・・・・・・大さじ1杯

ここで、適宜とは、作り方の説明の過程で

必要に応じて、付け加えていくとのことで

あまり大量に使うと捨てることになるから

もったいないので

はっきり書きませんでした

以下が作り方です

まず、ジャガイモをよく洗って

鍋に全てのジャガイモが

完全に浸るまで水を入れて

強火で鍋にふたをして

レンジで加熱する

沸騰してきたら

弱火にして

ジャガイモが

軽く箸で突き刺さるくらいまで

加熱する

ザルで鍋のジャガイモのお湯を切って

ジャガイモの皮をむく

この時、フォークを2本用意して

1つのフォークで突き刺して

(直接、ジャガイモを持つと熱いので)

もう1つの方を利き手で持って

丁寧に、かつ、手早く

皮をむいていく

これが一番の難関です

全部のジャガイモの皮をむいたら

大きめのボールに

ジャガイモを移して

めん棒(なければ、シャモジ)で押しつぶします

これは簡単ですが

根気のいる作業です

BGMでお好きな音楽でも聞きながら

作業をするといいでしょう

ちょっと話が脱線しますが

私の場合、バラードを聞きながら

料理作りしますが

大体、1曲当たり3~4分ですから

例えば、今回のジャガイモを

茹でる作業は15~20分なので

5~6曲を目安にしています

一人で作るのなら

曲に合わせて

歌いながら料理をすると

脳トレにもなります

話をコロッケ作りに戻しましょう

重大なことを

書き忘れていました

コロッケをゆでる前に

玉ねぎをみじん切りにしておきます

玉ねぎを切る時、目に沁みないようにするには

玉ねぎを冷蔵庫で冷やしておくのがいいでしょう

みじん切りのコツは

玉ねぎを真二つに切ったのを

頭の部分を切り落とし

根元はそのままにして

皮をむいて

玉ねぎの片方の端から

5ミリくらいの間隔に

平行になるように

根元すれすれまで

包丁で切って

今度は

頭の方から垂直に

また5ミリ間隔で切り落とせば

根元の部分を除けば完成です

この玉ねぎを挽き肉と一緒に

フライパンでマーガリンを使って

炒めます

挽き肉の色が

完全に茶色になるまで

十分に火を通しておいてください

これを上述した

ジャガイモに混ぜ

卵の黄身(白身は後で使いますので捨てないように)も最後に混ぜて

いよいよ、コロッケづくりの佳境に

はいります

ここからがプロ野球でいえば

クライマックスシリーズ

トーナメントならベストフォー進出といったところ

子供のころにやった

粘土遊びを思い出してください

ここからは

素手で作業を行います

団子状に作るもよし

オーソドックスに

楕円形のいわゆるコロッケ状にするにもよし

出来上がりの形をイメージしながら

8~10くらいになるように

形づくりをして

コロッケに衣をつけます

どんぶりを3つ用意して

それぞれ、小麦粉

卵(上述の作業で残しておいた白身も含めて)をよく混ぜておいたもの

パン粉をいれます

この順にジャガイモに衣をつけていきます

くれぐれも1個につき

小麦粉、卵、パン粉としない方がいいでしょう

小麦粉やパン粉がはねて

料理の後片付けが大変にならないようにするには

新聞を敷いて作業を行うのがいいでしょう

書きませんでしたが

小麦粉、及びパン粉は、どんぶりに

サランラップを敷いてやるのが

後片付けが楽になります

そして、いよいよ、決勝戦です

フライパンにサラダ油を

深さ1センチくらいなるように

したして、加熱します

コロッケを入れるタイミングは

パン粉を一つまみ

加熱した油に落として

フワッと花火のように

広がるように浮かび上がったら

その時がベストです

コロッケを2~3個づついれて

衣がキツネ色になったら

完成です

出来上がったコロッケは

新聞紙の上にのせておきましょう

よく噛んで食べてください

今日、突然の来客がありました

トイレの修理の為に

わざわざ

静岡県の浜松から

来てくださいました

韓国の方でMさんです

以前から面識はあったのですが

私がサンクチュアリ教会に

入会してから

とりわけ、仲が良くなりました

嬉しくて

手作りの

野菜炒め焼きそばを

もてなしてあげたら

美味しいと

喜んでくださいました

話が弾んで

来年、2月28日に

祝福式(合同結婚式)が

あるので是非にと誘われました

本来であるならば

離婚せずに

家内とこの式に

参加すればよかったのです

しかし

家庭連合の教えによって

サンクチュアリ

異端者・裏切り者扱いで

家内との離婚も余儀なくされてしまいました

もう私には

新しい女性とやっていく元気がありません

そう言ったら

Mさんは病気がなおれば

大丈夫ですよと

とにかく、私の早飯食いの習慣が治れば

病気も治りますと仰って下さいました

天宙主管の前に、自己主管

即ち

世界平和を目指す前に

自分自身の体を自己管理することを

心がけなさい

というメシアである

文鮮明総裁のお教えです

これさえできれば

自ずと

結婚の対象は準備され

夫婦がお互いに

愛をよく授けよく受けして

子女を繁殖すれば

全ての物質は

与えられ

これをよく管理しなさい

というお話です

人生の目的は

この3つを成し遂げることであるというのが

文総裁のお教えです。

第一に、個性完成

即ち

自分自身をよく管理すること

第2に、家庭完成、子女繁殖

自己管理のできる男性と女性が

結婚して、愛し合い

子供を育てて血統を残すこと

第3に、万物主管

主に、金銭を管理して

自然を愛すること

この3つを

神様が人間に与えて下さった

三大祝福といいます

エス様も

まず、神の国とその義を求めなさい

そうすれば、その全てが

与えられるであろうと

言われました

私も今日は

親友のHさんと

イタリア料理店で

外食の予定です

ここから

よく噛んで食べることを

心掛けたいと思います

今日は、毎年恒例のゲートボール大会

今日は、庄内緑地公園

ゲートボール大会がありました

この日のために

猛暑の夏場を除いて

毎週、毎週

練習を重ねてきましたが

今年は

優勝するつもりが

予選リーグで

まさかの敗退でした

昨年、絶不調だった

エースの大将が

絶好調でした

敗北の原因は

私にもあります

エースの指示に

疑問を抱いている時点で

イエローです

仕舞いにエースを

怒らせてしまったのが

大きな反省点です

もう来年は

彼も私も

施設に通っているか

どうかわからないので

実に残念です

昨日の記事というか

ほとんどおふざけの投稿が

よくなかったかも知れません

しかし、覆水盆に返らずで

終わってしまったことは

どうしようもありません

家内とのこと

息子とのこと

親友とのこと

そもそも病気になってしまったこと

全部、過ぎ去ってしまった過去のこと

なのでくよくよしないと

ベテラン看護師さんのUさんに

励ましていただきました

でも、夢の中で

過去を振り返ってしまうんですと話したら

それは人間である証拠ですよって

仰ってました

もう、半世紀以上

生きている私なので

もうそれくらいは

言われなくとも

悟っていなければならないことなのですが

まだまだ、心の幼い私でした

女性こそ最高の芸術

今週のお題「芸術の秋」

私にとって

女性こそ

最高の芸術だと思います

例えば

以下のようです
f:id:drakiti63:20171110043929j:plain
f:id:drakiti63:20171109214546j:plainf:id:drakiti63:20171109214545j:plainf:id:drakiti63:20171109214544j:plainf:id:drakiti63:20171109214543j:plainf:id:drakiti63:20171109214542j:plainf:id:drakiti63:20171109214541j:plainf:id:drakiti63:20171109214540j:plainf:id:drakiti63:20171109214539j:plainf:id:drakiti63:20171109214537j:plainf:id:drakiti63:20171109214538j:plainf:id:drakiti63:20171109214535j:plainf:id:drakiti63:20171109214536j:plainf:id:drakiti63:20171109214534j:plainf:id:drakiti63:20171109214533j:plainf:id:drakiti63:20171109214532j:plainf:id:drakiti63:20171109214530j:plainf:id:drakiti63:20171109214531j:plainf:id:drakiti63:20171109214529j:plainf:id:drakiti63:20171109214528p:plainf:id:drakiti63:20171109214527j:plainf:id:drakiti63:20171109214526j:plainf:id:drakiti63:20171109214525j:plainf:id:drakiti63:20171109214523j:plainf:id:drakiti63:20171109214524j:plainf:id:drakiti63:20171109214522j:plainf:id:drakiti63:20171109214521j:plainf:id:drakiti63:20171109214519j:plainf:id:drakiti63:20171109214520j:plainf:id:drakiti63:20171109214518j:plainf:id:drakiti63:20171109214517j:plainf:id:drakiti63:20171109214516j:plainf:id:drakiti63:20171109214515j:plainf:id:drakiti63:20170622220622j:plainf:id:drakiti63:20171109214507j:plainf:id:drakiti63:20171109214513p:plainf:id:drakiti63:20171109214512p:plainf:id:drakiti63:20171109214511j:plainf:id:drakiti63:20171109214510j:plainf:id:drakiti63:20171109214509j:plainf:id:drakiti63:20171109214508j:plainf:id:drakiti63:20171109214506j:plainf:id:drakiti63:20171109214505j:plainf:id:drakiti63:20171109214504j:plainf:id:drakiti63:20171109214503j:plainf:id:drakiti63:20171109214502j:plainf:id:drakiti63:20171109214501j:plainf:id:drakiti63:20171109214500j:plainf:id:drakiti63:20171109214458j:plainf:id:drakiti63:20171109214459j:plainf:id:drakiti63:20171109214457j:plainf:id:drakiti63:20171109214456j:plainf:id:drakiti63:20171109214454j:plainf:id:drakiti63:20171109214455j:plainf:id:drakiti63:20171109214453j:plainf:id:drakiti63:20171109214451j:plainf:id:drakiti63:20171109214452j:plainf:id:drakiti63:20171109214450j:plainf:id:drakiti63:20171109214449j:plainf:id:drakiti63:20171109214447j:plainf:id:drakiti63:20171109214448j:plainf:id:drakiti63:20171109214446j:plainf:id:drakiti63:20171109214445j:plainf:id:drakiti63:20171109214444j:plainf:id:drakiti63:20171109214443j:plainf:id:drakiti63:20171109214442j:plainf:id:drakiti63:20130719181505j:plainf:id:drakiti63:20171109214440j:plainf:id:drakiti63:20171109214439j:plainf:id:drakiti63:20020912195029j:plainf:id:drakiti63:20170908201141j:plainf:id:drakiti63:20170908201128p:plainf:id:drakiti63:20160422075335j:plainf:id:drakiti63:20160422075333j:plainf:id:drakiti63:20160422075330j:plain

諸悪の根源は、いったい何なのか?

最近

このブログで

闇の権力者を

知るべきであるということを

何回も書いてきましたが

今回は

その諸悪の根源は一体何なのかについて

話していきたいと思います

その諸悪の根源を

仮にここでⅩとします

Ⅹはとても知恵があり

知ることは力であると

以前に話した通り

Ⅹは最高の権力者です

従って、知られたくないことが

数々あるのですが

例えば、日本でいうならば

天皇家のルーツが韓国にあると事実

これは宮内庁

その権力によって

天皇陵を発掘させないようにしていることですが

その目的は

天皇という存在を神秘化させたいからに他なりません

また、日本が民主主義の国ではなく

圧倒的多数が中流階級意識で

極限られた、ほんの一握りの権力者たちのみが

私腹を肥やして

豪勢な暮らしをしている

社会主義的な国であるということも

知られたくはありません

さらに、日本人には

唯一絶対の神という概念を

知られたくないと

少なくともⅩは思っていることでしょう

日本の和という文化は

同化の文化であり

全てを相対化することに

根源があるといえます

即ち、キリスト教の三大不毛地の中に

日本が挙げられています

別な言葉でいえば

日本人は

絶対神も一つの八百万の神とみなしてしまうからです

従って

日本人は一般的に

自分は無宗教であると思っている人でも

本当の意味での無神論者はいません

無神論は絶対という概念だからです

本当に無神論者であれば

人が死んでも葬式の必要性も

感じないでしょうし

織田信長が戦で勝って

殺した相手のしゃれこうべ

酒を飲んだという

狂気の沙汰は

真の無神論者にしかできないことでしょう

特定の宗教を信じていないだけであって

ほとんどの日本人は

無宗教という名の宗教を信じているのです

日本人で絶対という概念を知ったならば

もはや、その日本人は日本人でいられなくなります

これについては

またの機会に話すことにして

ここで言いたいのは

Ⅹが日本に絶対という概念を知らせたくないということです

それはⅩに限らず

現に日本を支配している

権力者としても同じことです

絶対多数の日本人が絶対という概念に目覚めたら

和という文化が消滅して

日本社会の根底が翻るからです

日本人に嫌韓論を広めているのも

韓国は唯一無二の絶対神を信ずる民族だからです

韓国を知れば日本も絶対という概念を知るからです

さて、ここからが本論です

Ⅹとは、一体どんな存在でしょうか?

世界歴史の中で無数の宗教が神という存在について

多くを語ってきましたが

諸悪の根源であるⅩについて

明々白々にその真実を語った宗教はないでしょう

Ⅹは、人間に神という存在を知られるのを

恐れますが

それ以上に恐れていたのは

Ⅹ自身が一体何なのか

どのようにして

Ⅹが諸悪の根源となったのか

どのようにして

人間を支配しているのか

について知られることです

結論から話しましょう

Ⅹとは聖書の中に出てくる

天使長ルーシェルです

日本人には

おとぎ話にしか聞こえない

天使という存在

それがⅩにとっての思うつぼなのです

おとぎ話にしか過ぎない

天使としておけば

永久に自分の存在を知られずに済むからです

では何故、全知全能の絶対神

創造した天使をはじめとする

この世界人類が

悪に染まった世界になっているのかという

疑問が出ます

その答えは

神様が人類始祖のアダムとエバを創造された

目的がアダムとエバを自分と同じく創造性を持った

神の子として喜びを共有する世界を実現することにあったからです

そのために

アダムとエバには善悪を知る木から

とって食べてはならないという

戒めを守ることが成長期間に与えられた責任でした

この戒めを守り無事成長期間を全うしたならば

アダムとエバは完成して

絶対的な存在となって

悪という存在の入り込む余地のない

平和世界、地上天国が実現していたことでしょう

しかしながら

聖書の中に記されているように

アダムとエバはこの戒めを破ってしまいました

その原因を作ったのが

天使長ルーシェルなのです

善悪を知るの木からとって食べるとは

何を意味するでしょうか

これは以前に

映画化されテレビでもシリーズものとして

放送された失楽園の物語で知られているように

まさに人類歴史が

不倫によって

始まっていたということなのです

人間と会話できる蛇と表現されている

天使長ルーシェルは

エバと霊的に不倫の関係を結び

一線を越えて堕落して

さらにエバがアダムと

肉体的に一線を越して

堕落して、天使長ルーシェルが

人間世界を支配する存在

サタンとなったのです

以下、天使長ルーシェルをサタンと記します

この犯罪が不倫という

血縁関係によるものであるが故に

この罪は原罪として血統的に

人類歴史当初から今日に至るまで

子々孫々遺伝的に受け継がれてきたものです

では、サタンは

どのようにして人間に近づいてくるのでしょうか

何気なくぼっとしている時には

サタンは平然としているのですが

一度人間が神の道を目指そうとする時

サタンはおそれて

迫害して信仰の道を断念させようとします

それでもなお、信仰を貫こうとすると

食欲、眠欲、性欲の三大欲望で

誘惑して神の道を妨げようとするのです

さらには驕慢する心もサタンの業です

再臨のキリストである文鮮明総裁とその夫人は

真の父母様と呼ばれていましたが

その真のお母様でさえも

サタンによって堕落してしまいました

この事実はネット上では

暴かれていますが

情報統制されている日本の教会信者には

単なるうわさとでしか知らされてはおらず

全ては教会を利用して

信者の献金で私腹を肥やそうとしている

教会幹部によって

捻り潰されているのです

人類歴史上ナンバー2といえる

真のお母様でさえもサタンの餌食になるのだから

もはや私たち凡人は

ただ罪を許したまえと

神様の前に謙遜であること以外に

生き残るすべはないのでしょうか

私もまだまだ知らないことのほうが

はるかに多い凡人に過ぎませんが

だからといって

サタンの支配から

解放されたいのです

また、ひとりでもいいので

このブログをここまで読んでくださった

読者の方に

真実を知って

サタンから解放される道を

共に歩んでいただけたらと思います

今日も最後まで

中年オヤジの戯言に付き合って下さり

有り難うございました

和して、同ぜず

私は、日本人でありながら

日本よりも韓国を

愛する人間です

韓国に出合い

韓国の文化に触れ

韓国の心の世界を感じることで

日本の文化から解放されました

日本の和という思想が

君子和而不同(君子は和して同ぜず)

であるならば

いいのですが

小人同而不和(小人は同じて和せず)

という同化を強要する

傾向があるので

日本の文化

特に、組織活動、集団生活において

個という概念が抹殺されることに

おおいに抵抗を感じるからです

組織、集団において

それを構成する人々と

仲よくすることには

問題ありませんが

だからといって

構成員が皆、同じことをしているので

あなたもこれに従いなさいという

考え方には同意できません

和という文化が

個という存在を否定するのならば

私は反日主義者だといえます

ここからが

今回、私が最も強調して

言いたい内容となります

一般的な日本人という

定義が曖昧な言葉を使うので

ここで、私が言う

一般的な日本人とは

ということについて

述べたいと思います

まず、憲法が定めている

基本的人権などを除いて

何らかの権力を持つ人間以外

例えば、官僚とか政治家とかマスコミに携わる者以外

といったところでしょうか

勿論、財閥も一般的な日本人には含まれません

前置きが長くなりましたが

ここから用いる一般的な日本人という言葉は

以上のように解釈してください

まず、一般的な日本人は

大人し過ぎるのが問題だと思います

特に一般的な日本人に含まれる

大学生たちが

消費税の問題

国家機密法の問題

共謀罪の問題

どれ一つとっても

やがては自分自身に降りかかってくる

問題なのに

デモの一つも起こらないなんて

外国人からすれば

考えもよらないことでしょう

争うことは避けたほうが

いいのかもしれませんが

しかしそれは

権力を握っている

一握りの人間にとって

都合がいいことなのです

いい学校を卒業して

いい会社に就職をして

ないしは、公務員即ち官僚になって

人生を生きましょう

これはど、権力者にとって

有難いことはないのです

何故ならば、現在のような日本の社会の構造を

根底からひっくり返すような

存在が現れることが

ありえない状況を作っているからです

手に職を持つことも大切ですが

それ以上に

この日本という社会システムを

革命することを

指導するリーダーを育成することが

本当は大切なことだと思います

人間は食べて行かなければならないのは事実です

でも

本当にそれが一番大切なことでしょうか

私はキリスト者として

まず、主の国と主の義を求めなさい

そうすれば、この全てが与えられるであろう

草木や動物たちに

生きる糧となるものが既に約束されているのなら

万物の霊長である人間が

何故、食べること、着ること、住むことに

心配する必要があるだろうか

神様にこれらを与えてくださいと願うのではなく

この世の中を平和な社会を

(ここでいう平和とは厳密にいう平和であり

 時に日本は平和だといいつつも

 犯罪が絶えないという見せ掛けだけの平和ではなく

 誰一人として不幸を感じることがない

 真の平和が実現された社会を意味します)

実現させるために生きるのならば

そういう人たちは衣食住の心配は無用であるという

聖書の教えです

家庭連合の皆さんへ

とりわけ、公職者の方へ

もしあなたが本当に神様の証人であるというならば

公金で生活できなくなることを恐れて

サンクチュアリ教会に来れないのだとしたならば

それは神様を信仰しているとは言えないのではないでしょうか

日本のカインアベル信仰に惑わされて

主体的に物事を考えたり

よしんば考えたとしても

行動することができない日本の信者を

心から憐れみます

名古屋市にお住いの生活に困っておられる方に

お教えします

現在、今この文章を読んでおられる最寄りの

区役所の福祉課保護係に行ってください

一日三食と毎日のお小遣い230円と部屋が提供されます

少し、本題から話がそれましたので

元に戻します

話がしたいのは

もう今は全ての問題が解決される時代圏になったので

何も心配せずに

ただ時の訪れを謙虚な心で

待ちましょうということです

日本が真の和を実現する時

即ち、現在の日本が日本でなくなった時

言い換えれば

小人同而不和(小人は同じて和せず)の国から

君子和而不同(君子は和して同ぜず)の国になった時

世界に平和が訪れるでしょう

その根拠は

日本が在日同胞の人権を保障するならば

北朝鮮の問題も自ずと解決に導かれ

韓半島は平和統一されるであろうことにあります

少なくとも極東アジアの問題はなくなるでしょう

しかし、それを最も願っていないのが

戦争で金儲けを企んでいる権力者たちです

日本を武装化すべく軍隊を認めようとするのは

それで軍事費によって

私腹を肥やそうとしている

一握りの権力者たちにとって

またとない話だからです

国が軍隊を持つということは

社会で生きる人間にたとえるなら

銃を持ちなさいということです

規模が大きくなるので

日本の武装化の真意を

過って考えている人が多いのです

私は、一国が軍隊を持つのは

当然のことだと思いますが

しかし、日本に限っては例外です

日本のような官僚が

武器を持てば

何時、とんでもない戦争を始めるのか分からないからです

専守防衛を謳いながら

防衛戦争だという名目で

攻撃は最大の防御といって

日本から先に攻撃を加えることだってあり得るからです

太平洋戦争がそうではないでしょうか

毎年、総理大臣が参拝することで

物議を醸しだしている

靖国神社のホームページには

先の戦争は国を守るため

つまり防衛戦争だったといわんばかりの記載がされています

大久保利通が台湾に出兵したことは

日本の歴史の時間で勉強したと思いますが

この戦争について国内では

一切が秘密裏に行われていたことは

あまり知られていないようです

ここで述べたいのは

戦争することも

それが明らかに防衛戦争だとは言えないような場合でも

都合が悪いことは

国家機密法を利用して

全部、隠蔽してしまうこともできるのです

また、日本が軍隊を持ったら

徴兵制は復活するのでしょうか

幼い子供をお持ちの親御さん

よく考えてみてください

確かに国を守るために

命を捧げることは美談でしょうが

しかし、その戦争が

権力者の私腹を肥やすための企みだとしたらどうでしょうか

靖国神社は、国の為に命を捧げたと戦死した

魂を美化していますが

あんな戦争なんて

金儲けした権力以外に

何の得もならなかった

実に馬鹿げた戦争です

それがまたいつ繰り返されるかもしれない

その事実をよく考えてほしいです

日本という国が

和というその民族性のゆえに

引き起こした過去の戦争を

再び、起こさないために

日本が真の和の国になることを願って

書きました

初老の戯言を

最後まで付き合ってくださいまして

有り難うございます

今日は、数か月ぶりの朝寝

昨晩は

7時前に

睡眠薬飲んで

眠って

6時ごろまで

目が覚めなかったのに

それでも眠り足らず

朝の9時ごろから

11時まで寝てしまいました

それでも

まだ寝たりないという感じです

ここのところの疲れが出た感じです

幸い、明日も日曜日なので

のんびりと、まったりと

過ごそうと思います