drakiti63の日記

私の人となり

韓国短編小説「夕立」最終話

少年は少女の家が

引っ越してくる以前から

既に

大人たちの話を聞いて

ユン・チョシの孫が

ソウルで農業の事業で失敗して

故郷へ

戻らなければならなくなった事を

知っていた

それが今度は

故郷の家まで

他人に手渡すことになったようだった






”何故か分からないけど

 私は引っ越してゆくのが

 嫌になったの

 大人たちのすることだから

 仕方ないんだけど・・・・”

前にはなかったことだけれど

少女の黒い瞳には

淋しそうな

光が漂った

少女と分かれての帰り道で

少年は独り言で

少女が引越しをするという言葉を

何遍も繰り返してみた

何それほど

残念でも

悲しいことでもなかった

けれども

少年は今噛んでいる

ナツメの甘い味に

気が付かないでいた





その日の夜

少年はこっそりと

ドクセおじいさんの家のクルミ畑に行った

昼に見ておいた木に登った

そして

目をつけておいた

枝に向かい

棒を振り下ろした

クルミが落ちる音が

やけに大きく聞こえた

胸がヒヤリとした

しかし

次の瞬間

大きなクルミよ

いっぱい落ちろ

沢山落ちろ

自分も知らない力に

引かれて

やたらに

棒を振り下ろすのだった





帰り道では12日目の月が

作る影だけを選んで踏んだ

影の有り難さを

初めて感じた

膨らんだポケットを

撫で擦った

クルミを素手で割っては

かぶれ易いというような話は

どうでもよかった

もっぱら

この付近では

最高といわれている

このドクセお爺さんのクルミを

早く少女に味見させなければ

という考えだけが

先走っていた





そうして

あっシマッタと思った

少女に病気が少し良くなったら

引越しする前に

一度小川の川辺に

出て来て欲しいという話を

しておかなければならなかったのである

馬鹿な奴

馬鹿な奴め

次の日

少年が学校から戻ると

お父さんが

外出用の服に着替えて

一羽の鶏を抱えていた





どこに行かれるのかと聞いた

その話には返事もなく

お父さんは抱えている鶏の重さを

計って見ながら

”これくらいなら

 いいだろうか?”

お母さんが袋を渡しながら

”もう何日も卵を産む

 場所を探していたの

 大きくはないけど太ってるでしょ”

少年が今度はお母さんに

お父さんはどこに行くのかを

尋ねてみた






”あそこの書堂谷のユン・チョシのお宅に

 行かれるのよ

 法事のお膳にでも

 置いて欲しいものですとね”

”それなら

 大きいのを一羽持って行けば

 あの色が混ざったの雄鶏を・・・”

この話にお父さんは

ホホと笑った後で

”こいつ

 だけどこれが実質肉がついてるよ”

少年は何となく怒って

鞄を投げて牛小屋に行き

牛の背中を一回

パシッと打った

牛のハエでも捕まえるように





小川の水は日に日に

渇いていった

少年は分かれ道の下の方に行ってみた

葦畑の先端から見る

書堂谷の村は

藍色の空の下

一層近くに見えた

大人達の話によると

明日少女の家が

陽平邑に引っ越していくというのであった

そこへ行って

小さな小売りの商売をすることになるであろう

ということであった






少年は思わず

ポケットの中のクルミ玉をいじりながら

片手でしきりに葦の花を

曲げて折っていた

その夜

少年は寝床についても

同じことを考えるだけであった

明日

少女の家が引越しするのを

行ってみようか

どうしようか

行けば

少女にあえるか

どうだろうか





そうしている内に

いつの間にか寝てしまったかと思えば

”ああ

 本当にこの世の中というものは……”

村に行ったお父さんが

いつ戻ってきたのか

”ユン・チョシの宅も

 もう終わりだよ

 あんなに多かった田畑を

 全部売り払ってしまって

 代々生活してきた家まで

 他人の手に渡したが

 また不幸にも若死にした子供の喪に服すとは・・・・”





ランプの燈の下で

針仕事の材料を

抱えていたお母さんが

”曾孫だといっていた女の子

 その女の子一人だけだったでしょう?”

”そうだよ

 男の子が二人いたのは

 幼い時に亡くしてしまって・・・”

”どうして

 そんなに子供に恵まれないのでしょうね”

”そうだね

 今度の女の子も何日も病気になっていたのに

 薬も十分に使うことも出来なかった様子だよ

 こんな調子だと

 ユン・チョシの家も

 代が途絶えたも同然だよ”





”・・・・・だけど本当

 このたびの女の子は

 幼いけど

 子供らしくないよ

 なあお前

 死ぬ前に

 こんな話をしたというじゃないか?

 自分が死んだら

 自分が着ていた服を

 どうしてもそのまま

 着せて埋めて欲しいと・・・・・”

お待たせ、韓国短編小説「夕立」後編第3部

少女がささやくように

こちらに入って座ればと言った

大丈夫だと言った

少女が再び

入って座るように言った

仕方なく後ずさりをした

そのせいで

少女が抱いている花束が

揉みくちゃになった

しかし

少女は構わないと思った

雨に濡れていた少年の

体の匂いが

ムッと鼻を覆った

しかし

顔を背けなかった

かえって

少年の体の温もりで

震えていた身体が

少し和らぐ感じだった




騒々しかった

キビの葉の音が

ピタッと止んだ

外が明るくなった

キビ束の中から抜け出した

遠くはない

前方の日差しが

まぶしく降り注いでいた

小川のあるところまで来ると

物凄く水が溢れていた

色までも

かなり赤い泥水だった

飛び越えることが出来なかった





少年が背中を

回して向けた

少女が

何も言わずに背負われた

裾を上げた

少年の股引まで

水が浸み上がっていた

少女は

”キャー”と

声を上げながら

少年の首に抱きついた

小川の岸辺に着く前に

秋の空は

いつ雨が降っていたかと

思われるように

雲一つ無く

藍色に晴れ上がっていた




その後からは

少女の姿を見かけなくなった

毎日のように

川辺に走ってきてみても

見かけることは出来なかった

学校で休み時間に

運動場を見回ってもしてみた

誰にも知られないように

5年生の女子クラスを

のぞいたりもした

でも見えなかった

その日も

少年のポケットの中の小石を

いじりながら

小川へ出かけた

するとこちらの小川の土手に

少女が座っているではないか





少年は本当に

胸がドキドキした

”しばらく病気だったのよ”

何故か

少女の顔がやせているようだった

”あの日夕立にあったからじゃないの?”

少女が黙って

首を縦にふった



”もうすっかり治ったの?”

”まだ・・・・・”

”それなら寝てなくっちゃ”

”とても退屈で出て来たのよ

 本当にあの日は

 楽しかったわ

 でもあの日

 何処でこんな色に染まったのか

 よく消えないの”

少女がピンクのセーターの前裾を

見下ろした

そこに黒くて

赤っぽい泥水のような物が付いていた




少女が

そっとエクボを浮かべながら

”これ何の色だと思う?”

少年は

セーターの前裾だけを見つめていた

”ああ思い出した

 あの日

 小川を渡りながら

 私がおんぶされた事があったでしょう?

 その時

 あなたの背中から移った色よ”

少年は顔が

パッと赤くなるのを感じた





別れ道で少女は

”あのー今朝

 私の家でナツメを取ったの

 明日

 法事なので・・・・・”

ナツメ一握りを渡した

少年はどぎまぎする

”味見してごらん

 家のひいお祖父さんが

 うえたというんだけど

 とても甘いのよ”





少年は両手を

曲げて出しながら

”とても太ってる実だなあ・・・”

”それからね

 私の家

 こんどの法事のあと

 しばらくして

 家を人手に渡すことになったの”

今日、離婚届けを提出します

家内とであって

30周年

それが

離婚の年になるとは

お釈迦様でも

知らぬ仏が

なごやんさん

この先

どうなるかって?

それも

やはり

知らぬ仏が

なごやんさん

まだ

次男

蹴られた

傷が完治しないので

あと、一両日中は

入院なので

不自由ですが

なんとかなりそうです

脳死か、心肺停止か、いずれをもって死亡と判断するのか

韓国短編小説「夕立」後編第2部

”まるで

 藤の花みたいだわ

 ソウルの私たちの学校に

 大きな藤の木があってね

 あの花を見ていると

 藤の木の下で遊んでいた

 友達を思い出すわ”

少女は静かに立ち上がって

斜面になった所へ行く

ツボミが沢山ついた枝を

取って切り始める

なかなか切れない

思いきっり力を込めると

そのまま滑ってしまう

くずのつるをつかんだ






少年が驚いて

走って行った

少女が手を差し出した

手を握って引き上げながら

少年が自分が

折ってやれば良かったのに

と後悔した

少女の右膝に

血の滴がしたたり落ちた

少年は思わず擦り傷に

唇をもっていって

吸い始めた

そうして

何を考えたのか

フッと立ち上がり

あっちの方へ

走って行った





しばらくして

息を切らして

戻って来た少年は

”これを塗れば治るよ”

松脂を擦り傷に

擦り込んで塗って

駆け足で

くずのツルがある場所に

降りて行き

花が沢山ついた

何本かの枝を

歯で噛み切って

上がってくる

そのようにして

”あそこに子牛がいるよ

 そっちへ

 言ってみよううよ”

黄色っぽい子牛だった

まだ花輪も

通していなかった




少年が牛の紐を

短く持って

背中を掻いてやる振りをして

ヒラリと飛び乗った

子牛がピョンと回る

少女の白い顔が

ピンクのセーターが

藍色のスカートが

抱いている花と

一緒になって入り乱れる

全てが一つの

大きな花束のようだ

めまいがする

でも

絶対に降りないぞ

誇らしい気分だった

これだけは少女が

真似することのできない

自分だけが出来ることなのだ







”お前達

 ここで何してるんだ?”

一人の農夫がススキの間を

登ってきた

子牛の背中から飛び降りた

幼い子牛に乗って

腰が傷ついたらどうするんだ

と叱られるような気がした

ところが

頬髭の長い農夫は

少女の方に一度目をやると

そのまま子牛の紐を解きながら

”早く家に帰りなさい

 夕立が来るぞ”

本当に

黒雲の一片が

頭の上に来ていた

突然

四方が騒々しくなった様だ

風がサーと

音を立てながら

通り過ぎる

あっという間に

周りが

紫色に変わった

山を降りて来ると

柏の木の葉から

雨の滴り落ちる音がする

大粒の雨であった

首筋がゾクゾクとした

すると途端に

目の前を

塞ぐ様な雨筋






雨の霧の中に

見張り小屋が見えた

そこへ行って

雨を避けるしかない

しかし

見張り小屋は

柱が傾いて

屋根も

ボロボロに裂けていた

それなりに

雨が漏らないところを

選んで少女を

入れるようにした

少女の唇が真っ青になった

肩をしきりに

震わせていた





木綿を重ねた

上着を脱ぎ少女の肩に

掛けてやった

少女は雨に濡れた目で

一度見つめただけで

少年がするまま

じっと黙っていた

そして

抱いてきた花束の中から

枝が折れて

花が曲がって折れた

花房を選び

足元に捨てるのだった

少女が入って

立った所も

雨が濡れ始めた

もう

そこで雨を凌ぐことはできなかった





外を見ていた少年が

何を考えたのか

キビ畑の方へ走っていく

積んで置いたキビ束の中を

探ってみた

そこから

こちらへ向かって手招きをした

キビ束の中は

雨は漏らなかった

ただ

暗くて狭いのが悪かった

前の出て座っている少年は

雨に

当たらなければならなかった

そうしている

少年の肩から

湯気が立ち上った

Softbankにも、散々、騙され、今日、明日、臨時休業

私が、馬鹿なのか

お人好しの所為か

NTT、AmazonSoftbank

まんまとしてやられました

その精神的苦痛の故に

書きたい

ブログが

書けません

韓国短編小説「夕立」の続編は

今、暫く

お待ちください

Amazonの対応の悪さの故に

今日も

臨時休業です

韓国短編小説「夕立」

続編は

今しばらく

お待ちください

宜しくお願いします