drakiti63の日記

私の人となり

あんまりです

今年ほど

21世紀になってから

気苦労の絶えなかった

年はなかったです

信じた私にも責任があるとはいえ

真のお母様(教祖さま夫人)の

堕落によって

私の人生は滅茶苦茶になってしまいました

それがきかっけで

教会の分派が生じ

家内と意見が食い違ったため

離婚に追いやられてしまいました

のみならず、人間関係で

こんなに悩んだのは

人生初の出来事でした

勿論、これも

私自身にも責任があることなので

責任転嫁はできません

しかし、真のお母様が

道を間違えにならなければ

こんなことにはならなかったと

恨めしい気持ちは拭いきれません

でも、7男の文亨進様の恩恵で

真のお父様の権限に戻ることが

できました

これは、何のことか説明しようと思ったら

何回にも分けて説明しないといけないので

割愛します

真のお父様との因縁が元に戻ったという

ことでしょうか

ここ何日も、あまり眠れずに

悶々としていますが

そうもいってはおれません

生活保護を受けられるようになり

明日、最終手続きに行きます

私の出来る天命を全うしなければなりません

税金泥棒にならないためにも

超簡単、ビビンバを作ってみましょう

今週のお題「得意料理」

今回、ご紹介する料理は

絶対、失敗しない

超簡単なビビンバです

まず、ビビンバとは

韓国語で、bibim(混ぜる)+bab(ご飯)

混ぜご飯のことです

準備する食材は

4人分で以下の通りです

ほうれん草・・・・・・・・1束

人参・・・・・・・・・・・中1/2本

大豆モヤシ・・・・・・・・1袋

挽き肉(牛と豚の合挽き)・・200gくらい

焼き肉のたれ・・・・・・・1本

卵・・・・・・・・・・・・大4個

白ごま・・・・・・・・・・大さじ2杯弱

ごま油・・・・・・・・・・適宜

塩コショウ・・・・・・・・適宜

まずは、挽き肉を

買って来た状態から

ラップを外して

白い容器の中に

焼き肉のたれを

全体が浸るように

つけ込み、ラップをして

冷蔵庫で

寝かしておきます

別に子守唄の必要はないでしょう

ほうれん草を

電子レンジで温めるのですが

ボールに一杯の水を用意しておきます

ほうれん草を電子レンジで

加熱していくのですが

注意点が一つあります

袋詰めでないほうれん草の場合は

おそらく、テープで束ねられると思いますので

これを外して

サランラップで全体を被います

袋詰めになっているほうれん草は

袋を閉じてあるテープをはがします

電子レンジの火力応じて

加熱時間が変わってくるのですが

およそ2分くらい

加熱して

手早く、ほうれん草を

あらかじめ準備しておいた

ボールの水に入れて

冷やします

やけどに注意してください

無理だと思ったら

袋ごと水の中に入れても構いません

これから冬場は

辛い作業ですが

そんな時は

その昔

お母さん(私の場合は祖母)が

こうやって料理を作ってくれたんだなあと

思いをはせながら作ると

感動的です

水でひと通りほうれん草全体が

冷やされたら

ほうれん草を根元でそろえ

一束にして

利き手で

ギュッギュッと

水分を絞り出します

全体から水分がしぼれたら

包丁で、根元の部分を切り落として

5cmくらいに、切ります

そして、もう一度

切り分けたほうれん草の水分を

上述のようにして

絞り出します

これがすんだら

ほうれん草をお椀に入れて

焼き肉のたれと白ごまで

和えていきます

慣れている方、同時に2つのことができる方は

これから述べる

大豆モヤシと人参の調理も

同時並行して下さい

人参は千切りにして

お湯で15~20分くらい温めるだけ

千切りとは、多少、本来の意味とは違いますが

人参の皮をむいて、縦に、半分に切って

5mm間隔に縦に切って

さらに、ここで出来上がったものを

5mm間隔に切って出来上がりのことです

大豆モヤシは

袋から、ザルに移して

水でよく洗ってください

水洗いが終わったら

モヤシ全体が鍋につかるくらいまで

水を張って

強火で加熱します

沸騰してきたら

火を弱めて

大豆の香りがしてくるまで

加熱します

これをザルにうつして

水分を切り

ごま油と塩コショウで

味付けします

このザルをボールに敷いて

冷蔵庫でほうれん草とともに

寝かしておきます

ここからが

ビビンバの味の全体を

決定づける肉の手順にかかります

とはいっても、焼き肉のたれが

味方に付いてるのですから

心配はありません

中火で加熱したフライパンに

入れて、菜箸でかき混ぜながら

全体に火が十分通ったら

その基準は、肉の赤みが

茶色っぽくなった頃と考えて

いいでしょう

ほんの数分で肉の過熱作業は

終了です

最後に卵ですが

ここからは

読者の方の一存に

二者選択です

手間がかかる上に

食べる直前まで作り置きが難しい

でも、より美味しく食べられる

目玉焼きにするか

超簡単ではあるが

目玉焼きほどは

本格的ではない

スクランブルエッグ(こっちの方が、聞こえがいいのではありますが)

にするかです

目玉焼きを選んだ方に

一つアドバイス

美味しい目玉焼きを作るコツは

卵の殻をフライパンの面すれすれで

割ることです

赤ちゃんを扱うように

そうっとフライパンにのせること

これが秘訣です

半熟がおすすめです

スクランブルエッグを選んだあなたへ

これは、暖め過ぎない限り失敗はありません

ボールに卵を入れて

黄身と白身を混ぜ合わせます

卵をうまく割るコツは

角で割るのではなく

平らな面で割ることです

フライパンにサラダ油をしいて

片手でボールから卵を流しだして

利き手で、菜箸を使って

渦を描くようにして

卵がフライパンの上に

いきわたるようにして

全体が液体から個体に

変わったら出来上がりです

最後に

好みにより

市販のキムチ、コチュジャン(韓国の辛子味噌)などを

加えて召し上がってください

通の方は、ごま油や焼き肉のたれをかけて

召し上がるのもいいでしょう

挽き肉の代わりに

マグロの剥き身(加熱はしません)でもいいでしょう

美味しい肉じゃがを作りましょう

今週のお題「得意料理」

先週、書き忘れた

なごやン流の肉じゃがレシピを

紹介したいと思います

私が肉じゃがだけではなく

金平や親子丼などを

作る時にも使っている

味付けが簡単便利な

エバラすき焼きのたれという

強い味方があります

肉じゃがの場合は

水:たれが

3:1

金平の場合が

1:1

親子丼の場合が

2:1です

さて

肉じゃがの作り方(4人分)ですが

具材が以下の通りです

牛肉(豚肉でも可、しかし、牛がおすすめ)200g前後

ジャガイモ・・・・・・・・・・・・・・・中4個

人参・・・・・・・・・・・・・・・・・・中1本

玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・・・・・大1個

しらたき(糸こんにゃくでも可)・・・・・1袋

グリーンピース・・・・・・・・・・・・・缶詰小1個

ジャガイモを水洗いして

皮むきをする

ゴミ入れの上で

この作業をすると

後片付けが楽になります

一辺が2cmぐらいになるよう

気持ち大きめに切るといいでしょう

ボールに水をいれて切ったジャガイモを

浸しておきます

なんといってもジャガイモが

主人公なのですから

人参はジャガイモ同様にして

違うのは乱切りにすることだけです

ジャガイモと一緒に水に浸しておきますが

ジャガイモとよく混ぜておくといいでしょう

玉ねぎは縦半分に切り

皮をむいて

1cm幅に切ります

しらたきはザルで水分を切り

よく水洗いをして

はさみで適当な長さに切ります

適当なとはあなたの独断で

好みの長さにということです

以上が下準備です

バターもしくはマーガリン(サラダ油でも可)を

厚手の鍋(なければ、フライパン)に

溶かして

まんべんなく油を広げます

肉と玉ねぎを炒めます

玉ねぎがしんなりとしてきたら

ジャガイモと人参の水をざるでよく切って

しらたきとともに

肉玉ねぎに加えます

シャモジでまんべんなく混ぜて

いったん火を止めます

フライパンを使う場合は

この段階で具材を

鍋に移します

ここでいよいよ

味付けの始まりです

コップ1杯(180~200cc)の分量の

エバラすき焼きのたれをいれます

私は性格上

少しでもたれを惜しみなく使いたいので

最初にたれを入れます

残りの水3杯でコップに

ついた、たれまで使ってしまおうという寸法です

鍋に具材とたれと水がよく混ざったら

鍋に火をつけて

鍋を燃やします

なんてことはせずに

具材を温めます

最初は強火でサシスセソ(サ行=作業)を行います

鍋にはふたをしてください

沸騰してきたら

かろうじて沸騰する状態にまで

加熱の火を弱めます

ここで、アルミホイルを落としぶたとして

かぶせます

後は、出来上がりを楽しみにしながら

15~20分くらい

ひたすら、ジャガイモに火が通るのを

待つばかりです

基本は、菜箸が

すっとジャガイモに突き刺さるまでが

おおよその目安です

煮込み過ぎると

ジャガイモの形が崩れて

見栄えが悪くなるので注意してください

最後は、グリーンピースをザルで水洗いしたのをいれます

時間的に余裕があれば

ジャガイモに味を染みとおらせる為に

一旦、料理の温度を冷まします

食べる頃合を見計らって

再度、加熱させて食べるのが

理想です

ところで、エバラすき焼きのたれなど

使いたくはないわという方へ

砂糖、醤油、みりん、お酒を

各大さじ3杯と水600ccで対応できると思います

ほんだしを少々加えるといいかもしれません

ジャガイモ料理はアサリのお味噌汁とか酒蒸しを

一緒に食べると鉄分をより効果的に

摂取できるので、アサリ料理が肉じゃがの添えものとして

お勧めです

肉じゃがコロッケ

今週のお題「得意料理」

私は、食べるのも好きですが

作るのも大好きです

明日は

施設での調理実習なのですが

親友と営業をするため

参加できません

ところで

私の得意料理は

本当に気の向いた時にしか

作らない肉じゃがコロッケと

時々、作っていた(家族がいたときは)

肉じゃがのレシピを紹介します

まず、肉じゃがコロッケ

材料(4人分)

ジャガイモ(メークイーンがおすすめ)大4~5個

玉ねぎ大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・1/2個

挽き肉(牛肉がおすすめ)・・・・・・・・・・・・200g

コーン(お好みに応じて)・・・・・・・・・・・・・缶詰小1個

卵大・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個

小麦粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

パン粉・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・適宜

食塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・大さじ1杯

マーガリン(バターがおすすめ)・・・・・・・大さじ1杯

ここで、適宜とは、作り方の説明の過程で

必要に応じて、付け加えていくとのことで

あまり大量に使うと捨てることになるから

もったいないので

はっきり書きませんでした

以下が作り方です

まず、ジャガイモをよく洗って

鍋に全てのジャガイモが

完全に浸るまで水を入れて

強火で鍋にふたをして

レンジで加熱する

沸騰してきたら

弱火にして

ジャガイモが

軽く箸で突き刺さるくらいまで

加熱する

ザルで鍋のジャガイモのお湯を切って

ジャガイモの皮をむく

この時、フォークを2本用意して

1つのフォークで突き刺して

(直接、ジャガイモを持つと熱いので)

もう1つの方を利き手で持って

丁寧に、かつ、手早く

皮をむいていく

これが一番の難関です

全部のジャガイモの皮をむいたら

大きめのボールに

ジャガイモを移して

めん棒(なければ、シャモジ)で押しつぶします

これは簡単ですが

根気のいる作業です

BGMでお好きな音楽でも聞きながら

作業をするといいでしょう

ちょっと話が脱線しますが

私の場合、バラードを聞きながら

料理作りしますが

大体、1曲当たり3~4分ですから

例えば、今回のジャガイモを

茹でる作業は15~20分なので

5~6曲を目安にしています

一人で作るのなら

曲に合わせて

歌いながら料理をすると

脳トレにもなります

話をコロッケ作りに戻しましょう

重大なことを

書き忘れていました

コロッケをゆでる前に

玉ねぎをみじん切りにしておきます

玉ねぎを切る時、目に沁みないようにするには

玉ねぎを冷蔵庫で冷やしておくのがいいでしょう

みじん切りのコツは

玉ねぎを真二つに切ったのを

頭の部分を切り落とし

根元はそのままにして

皮をむいて

玉ねぎの片方の端から

5ミリくらいの間隔に

平行になるように

根元すれすれまで

包丁で切って

今度は

頭の方から垂直に

また5ミリ間隔で切り落とせば

根元の部分を除けば完成です

この玉ねぎを挽き肉と一緒に

フライパンでマーガリンを使って

炒めます

挽き肉の色が

完全に茶色になるまで

十分に火を通しておいてください

これを上述した

ジャガイモに混ぜ

卵の黄身(白身は後で使いますので捨てないように)も最後に混ぜて

いよいよ、コロッケづくりの佳境に

はいります

ここからがプロ野球でいえば

クライマックスシリーズ

トーナメントならベストフォー進出といったところ

子供のころにやった

粘土遊びを思い出してください

ここからは

素手で作業を行います

団子状に作るもよし

オーソドックスに

楕円形のいわゆるコロッケ状にするにもよし

出来上がりの形をイメージしながら

8~10くらいになるように

形づくりをして

コロッケに衣をつけます

どんぶりを3つ用意して

それぞれ、小麦粉

卵(上述の作業で残しておいた白身も含めて)をよく混ぜておいたもの

パン粉をいれます

この順にジャガイモに衣をつけていきます

くれぐれも1個につき

小麦粉、卵、パン粉としない方がいいでしょう

小麦粉やパン粉がはねて

料理の後片付けが大変にならないようにするには

新聞を敷いて作業を行うのがいいでしょう

書きませんでしたが

小麦粉、及びパン粉は、どんぶりに

サランラップを敷いてやるのが

後片付けが楽になります

そして、いよいよ、決勝戦です

フライパンにサラダ油を

深さ1センチくらいなるように

したして、加熱します

コロッケを入れるタイミングは

パン粉を一つまみ

加熱した油に落として

フワッと花火のように

広がるように浮かび上がったら

その時がベストです

コロッケを2~3個づついれて

衣がキツネ色になったら

完成です

出来上がったコロッケは

新聞紙の上にのせておきましょう

よく噛んで食べてください

今日、突然の来客がありました

トイレの修理の為に

わざわざ

静岡県の浜松から

来てくださいました

韓国の方でMさんです

以前から面識はあったのですが

私がサンクチュアリ教会に

入会してから

とりわけ、仲が良くなりました

嬉しくて

手作りの

野菜炒め焼きそばを

もてなしてあげたら

美味しいと

喜んでくださいました

話が弾んで

来年、2月28日に

祝福式(合同結婚式)が

あるので是非にと誘われました

本来であるならば

離婚せずに

家内とこの式に

参加すればよかったのです

しかし

家庭連合の教えによって

サンクチュアリ

異端者・裏切り者扱いで

家内との離婚も余儀なくされてしまいました

もう私には

新しい女性とやっていく元気がありません

そう言ったら

Mさんは病気がなおれば

大丈夫ですよと

とにかく、私の早飯食いの習慣が治れば

病気も治りますと仰って下さいました

天宙主管の前に、自己主管

即ち

世界平和を目指す前に

自分自身の体を自己管理することを

心がけなさい

というメシアである

文鮮明総裁のお教えです

これさえできれば

自ずと

結婚の対象は準備され

夫婦がお互いに

愛をよく授けよく受けして

子女を繁殖すれば

全ての物質は

与えられ

これをよく管理しなさい

というお話です

人生の目的は

この3つを成し遂げることであるというのが

文総裁のお教えです。

第一に、個性完成

即ち

自分自身をよく管理すること

第2に、家庭完成、子女繁殖

自己管理のできる男性と女性が

結婚して、愛し合い

子供を育てて血統を残すこと

第3に、万物主管

主に、金銭を管理して

自然を愛すること

この3つを

神様が人間に与えて下さった

三大祝福といいます

エス様も

まず、神の国とその義を求めなさい

そうすれば、その全てが

与えられるであろうと

言われました

私も今日は

親友のHさんと

イタリア料理店で

外食の予定です

ここから

よく噛んで食べることを

心掛けたいと思います

今日は、毎年恒例のゲートボール大会

今日は、庄内緑地公園

ゲートボール大会がありました

この日のために

猛暑の夏場を除いて

毎週、毎週

練習を重ねてきましたが

今年は

優勝するつもりが

予選リーグで

まさかの敗退でした

昨年、絶不調だった

エースの大将が

絶好調でした

敗北の原因は

私にもあります

エースの指示に

疑問を抱いている時点で

イエローです

仕舞いにエースを

怒らせてしまったのが

大きな反省点です

もう来年は

彼も私も

施設に通っているか

どうかわからないので

実に残念です

昨日の記事というか

ほとんどおふざけの投稿が

よくなかったかも知れません

しかし、覆水盆に返らずで

終わってしまったことは

どうしようもありません

家内とのこと

息子とのこと

親友とのこと

そもそも病気になってしまったこと

全部、過ぎ去ってしまった過去のこと

なのでくよくよしないと

ベテラン看護師さんのUさんに

励ましていただきました

でも、夢の中で

過去を振り返ってしまうんですと話したら

それは人間である証拠ですよって

仰ってました

もう、半世紀以上

生きている私なので

もうそれくらいは

言われなくとも

悟っていなければならないことなのですが

まだまだ、心の幼い私でした

女性こそ最高の芸術

今週のお題「芸術の秋」

私にとって

女性こそ

最高の芸術だと思います

例えば

以下のようです
f:id:drakiti63:20171110043929j:plain
f:id:drakiti63:20171109214546j:plainf:id:drakiti63:20171109214545j:plainf:id:drakiti63:20171109214544j:plainf:id:drakiti63:20171109214543j:plainf:id:drakiti63:20171109214542j:plainf:id:drakiti63:20171109214541j:plainf:id:drakiti63:20171109214540j:plainf:id:drakiti63:20171109214539j:plainf:id:drakiti63:20171109214537j:plainf:id:drakiti63:20171109214538j:plainf:id:drakiti63:20171109214535j:plainf:id:drakiti63:20171109214536j:plainf:id:drakiti63:20171109214534j:plainf:id:drakiti63:20171109214533j:plainf:id:drakiti63:20171109214532j:plainf:id:drakiti63:20171109214530j:plainf:id:drakiti63:20171109214531j:plainf:id:drakiti63:20171109214529j:plainf:id:drakiti63:20171109214528p:plainf:id:drakiti63:20171109214527j:plainf:id:drakiti63:20171109214526j:plainf:id:drakiti63:20171109214525j:plainf:id:drakiti63:20171109214523j:plainf:id:drakiti63:20171109214524j:plainf:id:drakiti63:20171109214522j:plainf:id:drakiti63:20171109214521j:plainf:id:drakiti63:20171109214519j:plainf:id:drakiti63:20171109214520j:plainf:id:drakiti63:20171109214518j:plainf:id:drakiti63:20171109214517j:plainf:id:drakiti63:20171109214516j:plainf:id:drakiti63:20171109214515j:plainf:id:drakiti63:20170622220622j:plainf:id:drakiti63:20171109214507j:plainf:id:drakiti63:20171109214513p:plainf:id:drakiti63:20171109214512p:plainf:id:drakiti63:20171109214511j:plainf:id:drakiti63:20171109214510j:plainf:id:drakiti63:20171109214509j:plainf:id:drakiti63:20171109214508j:plainf:id:drakiti63:20171109214506j:plainf:id:drakiti63:20171109214505j:plainf:id:drakiti63:20171109214504j:plainf:id:drakiti63:20171109214503j:plainf:id:drakiti63:20171109214502j:plainf:id:drakiti63:20171109214501j:plainf:id:drakiti63:20171109214500j:plainf:id:drakiti63:20171109214458j:plainf:id:drakiti63:20171109214459j:plainf:id:drakiti63:20171109214457j:plainf:id:drakiti63:20171109214456j:plainf:id:drakiti63:20171109214454j:plainf:id:drakiti63:20171109214455j:plainf:id:drakiti63:20171109214453j:plainf:id:drakiti63:20171109214451j:plainf:id:drakiti63:20171109214452j:plainf:id:drakiti63:20171109214450j:plainf:id:drakiti63:20171109214449j:plainf:id:drakiti63:20171109214447j:plainf:id:drakiti63:20171109214448j:plainf:id:drakiti63:20171109214446j:plainf:id:drakiti63:20171109214445j:plainf:id:drakiti63:20171109214444j:plainf:id:drakiti63:20171109214443j:plainf:id:drakiti63:20171109214442j:plainf:id:drakiti63:20130719181505j:plainf:id:drakiti63:20171109214440j:plainf:id:drakiti63:20171109214439j:plainf:id:drakiti63:20020912195029j:plainf:id:drakiti63:20170908201141j:plainf:id:drakiti63:20170908201128p:plainf:id:drakiti63:20160422075335j:plainf:id:drakiti63:20160422075333j:plainf:id:drakiti63:20160422075330j:plain